北信中学校の定期テスト対策のためのサイト

3年1学期中間数学その1

北信中学校3年生のみなさん、こんにちは。

もう多項式の乗法公式は覚えましたか?

式の展開は1つずつかけていけば答えが出るのに、なぜ公式を覚えなきゃいけないの?と思ってませんか。でもそうやって公式を覚えることを面倒がって数学が得意になった人は残念ながらいません。もう習ったかもしれませんが、式の展開のあとの因数分解は、乗法公式を知らなければ絶対にできません。

ここで言っておきますが、式の計算(1章)平方根(2章)ができて初めて2次方程式(3章)ができ、3章までができて初めて関数(4章)三平方の定理(7章)ができるようになります。数学とはそういう科目なのです。

 

数学の勉強で一番大事なことは、計算の途中過程をきちんと書くことです。それによって公式が確認され、自分のしたミスを発見できる、つまり、これから先まちがえることが少なくなるのです。面倒がらず、教科書p19でぬられた解答のように書きましょう。

中間テストは多項式だけではありません。中2までの内容からも復習として出ます。中2の教科書をひっぱり出してきて、後ろの方を見てください。1年のふりかえり補充問題というページがあるはずです。ゴールデンウィーク中の自主勉強でこのあたりをやると中間テストの準備になりますし、自分のできないところ、苦手なところが発見できるはずです。

 

 



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

学習に関するご相談
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。