北信中学校の定期テスト対策のためのサイト

3年2学期中間テスト国語その1

北信中3年生の皆さん、来週にせまった中間テストの対策は順調に進んでいますか~?

 

北信中3年の国語のテスト範囲から、今回は「俳句を味わう」のポイントを紹介します。

まず俳句の形式や約束を覚えましょう。

 

*俳句は五・七・五」の十七音が定型(=決まった型)

この「五・七・五」を外れる句を自由律俳句という。

 

*俳句には季節を表す季語を入れる。

季語を入れないで作る俳句を無季俳句という。

 

*感動を表す部分にや・かな・けりなどの切れ字を入れる。

 

この俳句の約束を覚えたら…

 

例えば、テストではこんな問題が出ます。

 

教科書70ページの「赤い椿…」の俳句の季語と季節を書きなさい、という問題が出たら

 

季語は「椿」、季節は「春」と答えればいいわけです。

 

そして、「咳をしても一人」の俳句は「自由律俳句」です。

 

きっと出ますから、これだけは必ず覚えましょう!!

 

あとは、いつも書いていることですが、とにかく漢字を書けるようにしましょう!

今回の範囲は「ことばの学習」10~13ページです、最低5回は繰り返すように。

がんばって。

 

一人じゃできないよ、だれか助けてという人はこちら



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。