北信中学校の定期テスト対策のためのサイト

2年1学期期末数学その2

今日は連立方程式についてです。

式の計算の応用が難しい今回のテストでは、ずばり、連立方程式が得点源です!

数学の苦手な人こそ式の計算は後回しにして、まずここで得点を稼ぐべきです。

 

連立方程式を正しく解くポイントは2つです。

① 加減法か代入法でたとえば先にxが出たとします。次にそれを代入してyを出すことになるのですが、

 代入するのは簡単な式の方にすること、そしてその代入した式をきちんと書ことです。

これを怠って「xは当たってたんだけど・・・」ということはよくあります。

もちろんxだけでは得点になりませんよ。

 

② 出した答えが正しいか必ず確認すること。

 もう一度解く必要はありません!

 その答えを最初の式に代入してみればいいのです。

正しく解けていれば、計算結果は右辺の値になります。

この確認方法は方程式全般に言えることですから、これからテストの場面で使うクセをつけておきましょう。



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。