北信中学校の定期テスト対策のためのサイト

2年1学期期末数学その1

北信中学校2年生のみなさん、こんにちは。

中間テストはいかがでしたか?前回紹介した間違いやすいポイントはクリアできましたか?

 

さて、期末テストは一段レベルが上がります。式の値・式による説明・等式変形とやっかいな問題が増えるからです。

鉄則を覚えて繰り返し練習しましょう。

 

まずは式の値

この鉄則は与えられた式を変形してから代入です。

そのまま代入するのは手間もかかるし間違いも増えます。まずは式を変形して同類項をまとめてしまいましょう。

ただし、まとめた後代入するを忘れないでね!これ、けっこうみなさんの先輩もやらかしてますよ!!

 

式による説明は全文書くのはなかなか大変です。例1・例2の文をよく見ながらまねてみましょう。

注意するのは「2つの~」と「連続する~」のそれぞれで使う文字を区別することです。

たとえば、「2つの偶数」は「m、nを整数とすると、2つの偶数は2m、2nと表せる」で始めます。

連続する偶数」なら「nを整数とすると連続する偶数は2n、2n+2と表せる」です。

違いが分かりますか?

 

等式変形解きたい文字についての方程式だと考えることです

解きたい文字がxでほかの文字はすべて定数です。

方程式だから分母を払ったり、移項したりということができるのはわかりますね。(つづく)



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。